h_logo_03

他人事じゃないかも!?急増している認知症のあれこれ

kv_05
tokusyu1 tokusyu2

需要高まる認知症

需要高まる認知症

認知症とは

認知症とは、正常に発達した脳が何らかの原因で記憶力・判断力の障害が起こり、日常生活がうまく送れないような状態になることを言います。原因として、「アルツハイマー病」や「脳血管障害」といった病気によるものが多く、病気によって若干の違いはあるものの、身体的な症状も出てくるのだとか。特に高齢者の方に多く見られますが、これは単なる「もの忘れ」ではありません。れっきとした脳の病気なのです。
つい最近までは、痴呆やボケなどと呼ばれていましたが、こうした呼び方は侮辱的な意味を持つためだんだん使われなくなってきました。認知症は、本人の性格や囲まれている環境・人間関係などいろいろな要因が複雑に絡み合って、うつ状態や被害妄想のような精神症状を引き起こすと言われています。さらに症状が深刻になってくると、寝たきりになってしまう人も少なくないようです。

認知症患者の受け入れ先

認知症といっても、症状が軽く身の回りのことを自分でこなせる方であれば施設を利用する必要はありません。しかし、認知症は進行性の病気なので、原因となる大元の病気(アルツハイマー病など)の悪化を緩和する治療薬はありますが、今の段階では病気を治す特効薬や治療法は見つかっていないのが現状です。そうしたことから、時間が経つにつれて障害が重くなり自宅での介護が困難になってしまった場合は、認知症患者を受け入れてくれる福祉施設の利用を選択肢の一つとして考えてみるのも悪いことではないのではないでしょうか?

認知症患者が入所できる施設

・特別養護老人ホーム
・介護老人保健施設
・介護療養型医療施設
・認知症高齢者型グループホーム
・ケアハウスまたは介護型有料老人ホーム

認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師は、日常生活を安全かつ安心して送ることができない認知症患者の方の体調や生活リズムを整えることで、元の生活に戻れるように支援しています。認知症の方は自分の意思や考えを表に出すことが難しくなり、入院といった環境の変化に対応することにも時間を有するため、場合によっては入院が症状を悪化させてしまう要因にもなりかねません。
認知症看護は、患者だけでなくほかの看護師の対応などにも指導を行う必要があります。認知症患者の言動を頭から否定せず、その思いを受け止めるというような関わり方をすることが大切です。認知症看護認定看護師を必要としている場所は病院以外にもたくさんあるので、「認知症看護のスペシャリストになりたい!」という方はぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

読んだら転職したくなる!?外せない記事3選

看護師の役割・仕事内容 看護師の役割・仕事内容
地域包括センターにおける看護師の役割は、高齢者の方々のさまざまな相談を受けて、一人一人に合ったサポートを提案すること。必要とされているのは、高度な医療スキルではないんです!

包括センターに転職した人の声 包括センターに転職した人の声
「常勤がツラくて疲れてしまった・・・」「高齢医療に興味があった」など、転職を考えるキッカケは人によって違います。そこで、実際に包括センターに転職した看護師たちのリアルな《転職理由》をいくつかピックアップ!

看護師プラス資格 看護師プラス資格
少子高齢化が進む日本では今、保健師・ケアマネージャー・社会福祉士などの存在が重宝されています。どの資格も、今後のキャリアアップや転職には欠かせない《必須スキル》です。あなたはどの資格に興味がありますか?