h_logo_03

病院看護師から”地域包括センター”への転職を決心した方へ…

kv_05
tokusyu1 tokusyu2

地域包括センターへの転職

メリット・デメリット

病院勤務に疲れた看護師が、新たな転職先として考えるひとつに”地域包括センター”があります。
「地域包括センター」と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかと思います。それもそのはず!包括センターは枠が空いたらいつも応募殺到で、なかなか表に出てこない人気の希少案件だからです。土日祝休み・定時終わりである上に、病院に比べて神経や体力を駆使しない…こんな好条件の職場が近くにあれば転職したくなりますよね。
しかし、どんな職種にもメリットがあれば必ずデメリットも存在します。包括センターへの転職を考えている看護師さんのために、包括センターで働くことのメリット・デメリットをまとめてみました。転職活動中のそこのあなた、必見ですよ!

包括センターに転職した人の声

「病院の看護業務は体力がもたない」「医療から離れた職場で働いてみたい」など、看護師が包括センターに転職する理由は実にさまざまです。
包括センターの主な仕事は、高齢者に対して福祉・保険・医療サービスを提案したりサポートしたりすること。直接患者さんに身の回りのお世話や医療行為をメインに行う看護師の仕事とは、大きく掛け離れています。
正直、全く違う仕事の世界に飛び込むのはなかなか勇気がいるものですよね。そもそも医療行為がなくなることで”看護師”として学んできたスキルの大部分は封印されてしまいます。それでも、看護師たちが包括センターへと導かれたきっかけ・理由とは一体なんだったのでしょう?
看護師から地域包括センターへ転職を決めた方々のリアルな口コミを集めてみました。

求人を探す方法

地域包括センターへの転職を決めたら、まず考えるのは”求人媒体”ですよね!
人員枠が空けば応募者殺到!という具合に転職先として非常に人気がある包括センター。そんなレア求人を獲得するためには、”求人媒体”を上手く活用することが重要なカギになってきます。
ここでは、一般的によく使われる転職ツールである「ハローワーク」「直接応募」「転職サイト」のそれぞれの特徴について語っています。
求人媒体ごとの特徴自分にとってのメリットを把握して、一番良い転職方法を実践しましょう。
ぜひ転職活動の参考にして、あなたらしいやり方を探してみてくださいね。
私個人的な意見では、1つのやり方に縛られずにいろんな媒体に手を出していった方が、求人獲得の確立は断然上がるのではないかと思いました。

読んだら転職したくなる!?外せない記事3選

看護師の役割・仕事内容 看護師の役割・仕事内容
地域包括センターにおける看護師の役割は、高齢者の方々のさまざまな相談を受けて、一人一人に合ったサポートを提案すること。必要とされているのは、高度な医療スキルではないんです!

包括センターに転職した人の声 包括センターに転職した人の声
「常勤がツラくて疲れてしまった・・・」「高齢医療に興味があった」など、転職を考えるキッカケは人によって違います。そこで、実際に包括センターに転職した看護師たちのリアルな《転職理由》をいくつかピックアップ!

看護師プラス資格 看護師プラス資格
少子高齢化が進む日本では今、保健師・ケアマネージャー・社会福祉士などの存在が重宝されています。どの資格も、今後のキャリアアップや転職には欠かせない《必須スキル》です。あなたはどの資格に興味がありますか?